動かない車 処分

自動車税は廃車にするタイミングが大事

自動車税

 

結論から申し上げますと、3月中に車を処分して廃車手続(抹消登録)すれば、翌年1年分の自動車税は掛かりませんので、車の処分を検討されている方は、3月中に処分するのがベストです。

 

4月1日を過ぎてしまうと、その年の自動車税が掛かってきてしまうので、1年分の税金を一旦納めて、そこから、先払いし自動車税を廃車(永久抹消登録)した月から3月まで月数分の月割りを返してもう(自動車税の還付)をしてもらうことになります。

 

払い戻しを受けれられるので損するわけではないですが、手間ですよね。

いつ、どうやって還付金を受けるのか?

いつ?

 

自分で手続きをするか、業者に任せるかは別として、陸運局で廃車(抹消)手続きをすると、陸運局から都道府県の税務署へ登録抹消の連絡が行くようになっています。

 

2〜3カ月するとあなたのもとへ税務署から「自動車税還付の通知書」が届きますので、それを金融機関や郵便局へもっていけばめでたく先払いしていた自動車税の還付を受けることができます。

 

勘違いしないで。得したのではなくて、前払いしていたものを返してもらうだけだということを

あたりまえの話ですが、この自動車税は前納といって1年分の前払いです。

 

4月1日時点で車を所有している人に対して、その年の1年分の自動車税を納めることになっています。

 

したがって、車を廃車にしたときの「自動車税の還付」はあくまでも払い込んでいたものを返してもらうのであって、特に得するというわけではないのでお間違いのないように、念のため。

 

どうやって?

まず、自動車税の還付を受けるためには、下記の2つをクリアしている必要があります。

 

自動車税を納めていること

当然と言えば、当然ですね。還付金ですから、払っていないものは還付を受けることができません。
もし、自動車税を滞納していたという場合には、当然、税務署からの督促状が届くことになるので速やかに払いましょう。
納税は国民の義務ですよ。

 

登録抹消手続きを済ませていること

所轄の陸運局、陸運支局で、車の廃車手続きである「永久抹消登録」をして、ナンバープレートを返納している必要があります。

 

手続きは無料ですが、「登録抹消」の申請書の購入に50円とか100円程掛かります。

 

ちなみに、「抹消登録」には、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」がありますが、自動車税の還付を受けることができるのは、「永久抹消登録」と言って、一時的ではなく、永久にこの車のナンバープレートでの登録を抹消してしまう必要があります。

 

以上の手続きをすることで、1〜3か月後には税務署から「自動車税還付の通知書」が自宅に届くので、「印鑑」、「身分証明書」、をその通知書を金融機関に持って行き、払い戻し(還付)を受けましょう。

 

「還付金の通知書」の有効期限は1年間です。

 

通知書が手元に届いたら早めに払い戻しを受けましょう。

 

自動車税はいくら戻るのか?

 

自動車税がいくら戻ってくるのかは、自分が納めた税金と車を廃車にした翌月から3月までの残り月を掛けた分ということになります。

 

自動車税月別還付金早見表(自家用車)

*軽自動車には自動車税の還付金はありません。

排気量 1,000cc以下 1,500cc以下 2,000cc以下 2,500cc以下 3,000cc以下 3,500cc以下
自動車税年額 29,500円 34,500円 39,500円 45,000円 51,000円 58,000円
13年超え 339,00円 396,00円 454,00円 51,750円 58,600円 66,700円
廃車月*13年超えは右の金額に15%加算 4月 27,000円 31,600円 36,200円 41,200円 46,700円 53,100円
5月 24,500円 28,700円 32,900円 37,500円 42,500円 48,300円
6月 22,100円 25,800円 29,600円 33,700円 38,200円 43,500円
7月 19,600円 23,000円 26,300円 30,000円 34,000円 38,600円
8月 17,200円 20,100円 23,000円 26,200円 29,700円 33,800円
9月 14,700円 17,200円 19,700円 22,500円 25,500円 29,000円
10月 12,200円 14,300円 16,400円 18,700円 21,200円 24,100円
11月 9,800円 11,500円 13,100円 15,000円 17,000円 19,300円
12月 7,300円 8,600円 9,800円 11,200円 12,700円 14,500円
1月 4,900円 5,700円 6,500円 7,500円 8,500円 9,600円
2月 2,400円 2,800円 3,200円 3,700円 4,200円 4,800円
3月 なし なし なし なし なし なし

 

その他に還付される費用について

 

車を処分(廃車)にした際、自動車税のほかに下記の費用が還付(払い戻し)の対象となります。

 

自賠責保険

 

こちらは誰でも加入している、いわゆる強制保険です。新車購入時や車検時に加入しています。
通常車検期間に合わせて24カ月、また、新車時は36カ月が基本期間となりますが、多くの場合、車検の期限よりも1カ月多く自賠責保険の期間を多めに掛けておくことにより、車検時の自賠責保険切れを防いでいるのです。

 

払い戻し(還付される金額の一覧表は下記をご参照ください。

 

自賠責保険の還付金一覧表

 

重量税

重量税も車を廃車(登録抹消)する際に、車検の残存期間と車両重量に応じて各都道府県の自動車税事務所にて返金(還付)してもらえます。
重量税は通常、新車購入時か車検時に納付します。

 

注意事項としては、車を買い取り専門店などに売却する場合には還付されません。その分の金額は買い取り時にその車の価値として上乗せされるようになっています。なので、車検期間が残っているということは単純に車検期間が残っているだけでなく、「重量税」の還付金の価値も残っているということを留意しましょう。

 

重量税の還付金がいくらかすぐにわかる(このサイト内の別ページに移動します。)

 

 

 

 

 

 

page top